アメリカ語学学校の費用と授業内容を徹底比較!あなたにピッタリな学校の選び方

アメリカ語学学校の費用と授業内容を徹底比較!あなたにピッタリな学校の選び方

どうも! abc campus の Taka です。

 

「アメリカの語学学校についてしっかり理解できてますか?」

留学って人生の中で何度も出来ることじゃないし、たとえ1回するだけでもすごくお金がかかりますよね。

だからこそ、語学学校のことをちゃんと知ったうえで、あなたにピッタリな学校を選んでもらいたい!

 

ということで今回は、いろいろな語学学校の”費用”と”授業内容”を徹底比較していきたいと思います。

この記事の内容をもとに、あなたが「これだ!」と思う学校をぜひ選んでください!

 

まずは比較しやすいように、語学学校を大きく3種類に分けました。

  1. 「学業集中型」
  2. 「会話集中型」
  3. 「滞在延長型」

 

それでは、それぞれの学校形態について詳しく説明していきますね。

 

1)ガッツリ英語を勉強したい方にはこの形態!「学業集中型」語学学校

本を読む

「学業集中型」は英語の勉強に特化した語学学校です。

「英語をガッツリ勉強して、ガンガン英語力を伸ばしていきたい!」と考えているあなたにはピッタリな学校形態。

 

1−1)「学業集中型」ってどんな語学学校?

「学業集中型」は、もともと大学への進学を目的とした生徒のために作られています。

生徒の能力に応じてレベル分けが行われ、規定のレベルに達すると短期大学や4年制大学への入学資格が与えられるというシステムです。

 

たいてい短期大学や4年制大学に付属していて、たとえば僕が通っていた4年制大学 California State University, Fullerton にも American Language Program という付属の語学学校がありました。

 

また大学に付属している語学学校では、大学の設備が使用出来るという特典があります。

大学用の生徒IDを発行してもらえるところもあるので、大学生専用の図書館や食堂なども使用できたりします。

 

1−2)学校の費用は決して安くありません。

学校設備や授業内容などがしっかり構成されているということもあり、他のタイプの語学学校に比べると、授業料は安くないです。

↓ちなみに『American Language Program』の1年間の授業料は以下のようになっています。

American Language Program 授業料(*諸経費は含んでいません)

  • 春学期:$5,152
  • 夏学期:$2,586
  • 秋学期:$5,152

1年間の合計:$12,890

(*2015年12月31日 時点)

引用:American Language Program Dates and Costs

 

1−3)授業内容はアメリカの大学進学用に構成されています。

アメリカ大学進学を目的としているため、授業内容は限りなく大学の授業に近いです。

そして大学進学後も、ちゃんと授業のペースについていけるように、スピーキング、リスニング、リーティング、ライティング、すべての能力を伸ばすことができる授業が組まれています。

 

 

1−4)「学業集中型」は、こんな方にオススメ!

  • 語学学校からアメリカ大学への入学を希望されている方
  • アメリカの高レベルな学習文化に触れてみたい方

 

2)とにかく英会話を楽しみたい方には「会話集中型」語学学校

大学の友人たちと話す

「会話集中型」は英語を学びながら人と触れ合うことに特化した語学学校です。

そして短期滞在が目的で、気軽に語学留学を楽しみたい、という方にとても人気の学校形態です。

 

僕が住んでいる場所の近くにも Language Systems International という「会話集中型」の語学学校があります。

 

2−1)「会話集中型」ってどんな語学学校?

「会話集中型」もレベル分けシステムを採用していて、一定のレベルに達すると短期大学への入学資格を得ることができます。

ただ、生徒全員が短期大学を目指しているわけではなく、どちらかといえば、趣味として学校に来ている方のほうが多いかもしれません。

 

2−2)学校の費用は安めに設定されています。

「会話集中型」の人気な理由の一つが、授業料の安さです。

↓たとえば『Language Systems International』では「18時間/週プログラム」を選ぶと1年間の授業料は「学業集中型」のおおよそ半額の費用になります。 

Language Systems International 1年分の授業料(*諸経費は含んでいません)

  • 18時間/週プログラム:$6,599
  • 24時間/週プログラム:$8,218
  • 36時間/週プログラム:$10,558

(*2015年12月31日 時点)

引用:Language Systems International Student Fees and Tuition Cost

 

2−3)英語を気軽に学べる、授業内容。

授業内容としては一応、スピーキング、リスニング、リーティング、ライティングを勉強しますが「学業集中型」ほど詳細に決められていません。

なので、授業と教科書の内容は「学業集中型」よりも簡単になっています。

 

ゴリゴリ勉強するタイプの学校ではないので、リーティングやライティングを伸ばすことは難しいですが、自由時間やクラスメイトとの交流を上手く使えばスピーキングとリスニングは大きく伸ばすことが可能です!

 

2−4)「会話集中型」は、こんな方にオススメ!

  • 勉強に集中というより、もっと自由時間を使って異文化に触れたい方
  • 気軽に語学留学を楽しみたい方

 

3)意外に知られていない!?「滞在延長型」語学学校

パスポートのスタンプ

実はこの「滞在延長型」に関して日本ではあまり知られていません。

これは、アメリカに住んでいるからこそ知っている情報としてお伝えしますね。

 

3−1)「滞在延長型」ってどんな語学学校?

「滞在延長型」には、アメリカに合法的に滞在するために必要な、I-20(学校在籍証明書)を目的とした生徒さんが在籍しています。

彼らの多くは、アメリカに来て住んでいるうちにアメリカが大好きになってしまい、「帰りたくないけど滞在するだけのお金もあまりない!」という方たちが多い印象を受けます。

 

「滞在延長型」では授業に出席しなくても、授業料を払い続けている限り、I-20 を発行してくれるので、彼らはレストランなどで、ほぼ毎日バイトをして生活費を稼いでいます。

I-20 が切れてしまうと、違法滞在となってしまうので、合法的に滞在するためだけに授業料を払い続けなければいけないのです。

 

3−2)格安語学学校はたいてい「滞在延長型」!

「滞在延長型」は、ただただ I-20 を発行するだけなので、費用が格安になっています。

「格安の授業料!」という広告を見つけた際には、それはたいてい「滞在延長型」である可能性が高いですね。

 

3−3)「このタイプの語学学校は正直、オススメしません!」

この「滞在延長型」は、実は違法に経営されている場合があります。

もし摘発されたら、強制閉校になってしまいます。強制閉校になると、その時点で生徒たちの I-20 も失効され、違法滞在となるリスクがあります。

 

近年「滞在延長型」の摘発が厳しくなっていて、2015年にロサンゼルスで「滞在延長型」の語学学校が5校も強制閉校される、というニュースもありました。

 

「僕はこのタイプの語学学校はオススメしません!」

 

正直、僕もアメリカが大好きですし、出来るだけ滞在したい気持ちも分かります。

しかし!しっかりと調べたら、もっと合法的なプロセスで滞在する手はいくらでもあるのです!

 

まとめ

アメリカは留学生が多いので、語学学校も多種多様に発展しています。

しっかり語学学校のことを理解しておかないと、留学後に「全然、自分の思ってた学校と違う!」なんてことも起きてしまいます。

 

そこで今回の記事では、語学学校を3種類に分けて、それぞれの違いを”費用”と”授業内容”について徹底比較してみました。

この情報をもとに、あなたにピッタリな語学学校を選んでいただけたらと思います!

それでは、Have a nice day!

ABOUTこの記事をかいた人

「abc campus」の代表/ブロガー。そして、オンラインプライベート英語レッスンの講師。ニックネームは Taka。日本の高校を卒業後、まったく英語が話せないまま、アメリカへ留学。今もアメリカ・ロサンゼルスで過ごしている。モットーは「少しでも多くの方々の英語力を伸ばし、そして、みなさんに英語を使って、人生の可能性を広げてもらう!」こと。性格は、根っからのポジティブで、人と関わることが3度の飯より大好き!アメリカのコメディードラマ「フレンズ」をこよなく愛し、すべてのシーズンを30回以上は見てる。

⇒プロフィールの詳しくはこちら