Taka

こんにちは!Takaです!

 

英語を勉強していくうえで、避けて通れないのが「aとtheの違いをどうやって使い分けていくのか」じゃないでしょうか。

 

 

一見どうってことない単語に見えますが、実はそれぞれにしっかりとした意味の違いを持っています。

 

 

「今後のために、それぞれの使い分け方をしっかりと理解しておきたい!」

やる気マンマンのクマ

 

今回は、そんなあなたのためにaとtheの違いをガッツリまとめました。

 

 

これを読んで、明日からじゃんじゃん使い分けちゃってください!

 

 

まずは冠詞の基本から:なぜaやtheは必要なのか?

なぜaやtheは必要なのか?

 

英文法ではaやtheのことをまとめて、冠詞(かんし)と呼んでいます。

 

冠詞は日本語には存在しない表現方法です。

 

 

なので、まずは冠詞って何なのか?を理解しておきましょう。

 

 

冠詞とは

 

名詞の前につけてあげて、その名詞の性質を表現すること。

左上を指している先生

 

 

つまり、冠詞のaとtheは名詞の異なる性質を表現するために必要!ということです。

 

 

そんなこと言われても、名詞の異なる性質ってなに?

 

そこを教えてくれないとまだまだaとtheは使いこなせないよ。。。。

 

 

ありがとう、うさちゃん!

 

 

実は、英語の名詞には独特な性質があります。

 

冠詞を使い分けるためには、まず英語の名詞の独特な3つのルールについて理解しておかなければいけません。

 

 

なので、ここからは英語の名詞3つのルールを説明して、それからaとtheの使い方を解説していきます!

 

 

と、その前に「名詞ってなに?」となった場合は、以下の記事の「名詞とは?」という部分で説明していますので、ぜひご覧ください。

 

⇒『英語の品詞とは?全10種類の一覧表をご紹介!

英語の品詞とは?全10種類の一覧表をご紹介!

2017.01.31

 

 

冠詞を使い分けるための英語の名詞3つのルール

冠詞を使い分けるための英語の名詞3つのルール

 

英語で名詞を使うときには、この3つのルールを必ず意識します。

 

冠詞を使うときの名詞3つのルール
  1. その名詞は「数えられる」か「数えられない」か
  2. その名詞は「単数(1つ)」か「複数(2つ以上)」か
  3. その名詞は「共通認識できている」か

 

 

名詞を使うたびに、これらをハッキリさせてあげる必要があるんです。

 

それでは、それぞれのルールを1つずつ詳しく見ていきましょう。

 

ルール1)その名詞「数えられる?」それとも「数えられない?」

ルール1:その名詞「数えられる?」それとも「数えられない?」

 

英語には「数えられる名詞」と「数えられない名詞」があります。

 

まずは簡単な見分け方をご紹介しますね。

 

 

それは、

 

名詞を一つ一つ切り離して、別々の個体にできるかどうか。

左上を指している先生

 

 

どういうことかというと、

 

「数えられる名詞」は

姿形がハッキリしていて、しっかりと切り離して「1、2、3、4、、、」とカウントできるもの。

 

この例を見てください。

 

「数えられる名詞」の例

  • dog(犬)
  • table(机)
  • person(人)
  • car(車)
  • bird(鳥)

 

どの名詞も「1、2、3、4、、、、」と数えられるものですよね。

 

 

それでは続いて、

 

「数えられない名詞」とは

しっかりと切り離してカウントできないもの。

 

「数えられない名詞」の例

  • water(水)
  • information(情報)
  • nature(自然)
  • English(英語)
  • food(食べ物)

 

これらの名詞は切れ目を入れて一個一個、数えられないんです。

 

 

これが「数えられる名詞」と「数えられない名詞」を区別する方法になります。

 

 

なぜ数えられるかどうかを見分ける必要があるかというと、それは次のルールに関係しています。

 

それでは早速みていきましょう!

 

 

ルール2)その名詞「単数(1つ)?」それとも「複数(2つ以上)?」

ルール2:その名詞「単数(1つ)?」それとも「複数(2つ以上)?」

 

単数か複数か見分けることに関しては「数えられる名詞」のみ意識してください。

 

なぜかというと、

 

「数えられない名詞」は数えられないので、単数とか複数は存在しません。

 

 

たとえば、water(水)という名詞。

海水浴を楽しむクマ

 

水は切れ目を入れて数えられないですよね。

 

だから水は「数えられない名詞」なので、単数でも複数でもないので気にしなくてOK!

 

 

「数えられる名詞」のみ、単数か複数かをハッキリさせましょう!

 

 

ここで数えられる名詞を見分けられるようになっておくと、冠詞のaをうまく使えるようになってきます。

 

もちろん、もっと詳しくは後ほど説明しますね。

 

いよいよ次が最後のルールです!

 

ルール3)その名詞「共通認識できてる?」

ルール3:その名詞「共通認識できてる?」

 

 

この最後のルールは冠詞を使い分けるうえで、とっても大事なポイントです。

 

名詞は「共通認識」ができているかどうか。

 

 

「共通認識」とは

伝えたい名詞について、相手も(その名詞を)あなたと同じように理解していること。

 

 

共通認識!?そんな単語、人生で初めて聞いたよ。

 

もっと詳しく説明して!

 

 

ちょっと例え話で説明しますね。

 

 

たとえば普段の会話の中での「あのレストランよかったよね〜」のあのとか、「その本、貸してくれない?」のそのとかに注目してください。

 

 

あのそのがあることで「どんなレストランなのか」「どんな本なのか」相手もあなたと同じように理解していますよね。

 

 

これが「共通認識」です。

いいねの手

 

 

あなたと相手のあいだで、同じものが共通で認識できてます。

 

 

だけど、もしこれが共通認識できてなくて、

 

「レストランよかったよね〜」とか「本、貸してくれない?」 といきなり言ったら、

 

相手は「どのレストラン?!どの本?!」と混乱してしまいますね。

困った少女

 

 

英語で名詞を使うたびに、相手と「共通認識できているか」を意識しましょう。

 

 

この共通認識を理解すると、冠詞のtheがラクラク使えるようになってくるんです。

 

もちろん、もっと詳しくは後ほど。

 

 

お疲れ様です。以上が英語の名詞特有の3つのルールになります。

 

そしてここからはこのルールをもとに、いよいよaやtheそれぞれの使い分け方を見ていきます。

 

まずは、aから!

 

冠詞)aの使い分け方

aの使い分け方

 

名詞が以下の3つのルールをクリアした時は必ずaを使います。

 

aを使うときの3つのルール
  1. 名詞が数えられる
  2. 名詞が単数(1つ)
  3. 名詞が共通認識できていない

 

 

これだけでは、「むむむ。。。分からん!」となってしまうので、例文を使って詳しく解説していきますね。

 

 

たとえば、あなたが犬を1匹飼いたいとします。

 

でも、犬の種類はまだ決めていない。

 

そんな時、友達に会って、

 

わたし犬、飼いたいんだよね!

 

と言います。

 

この時に犬に対して使う冠詞はaです。

 

I want to have a dog!(わたし犬、飼いたいんだよね!)

 

 

なぜかというと、

 

  1. 犬は「数えられる」
  2. 欲しい犬の数は「単数(1匹)」
  3. 友達とあなたの間で犬を「共通認識できていない」⇐(まだ欲しいイヌの種類は分からないから)

 

犬という名詞がaを使うときに必要な3つのルールをすべてをクリアしています。

 

 

なので、ここではaを使います。

 

 

ちなみに、aを日本語に訳すと「ある1つの」というニュアンスが一番近い表現です。

 

aを使った例文
  • I have a dog.「(ある1匹の)犬を飼ってるんだよね」
  • I bought a table.「(ある1個の)テーブルを買ったよ」
  • I saw a person.「(ある1人の)人を見たよ」
  • I rented a car.「(ある1台の)車をレンタカーしたよ」
  • I saw a bird.「(ある1羽の)鳥を見たよ」

 

すべての名詞が

 

  • 「数えられる」
  • 「単数(1つ)」
  • 「共通認識できていない」

 

ですよね。

 

どの例文も3つのルールをクリアしてます。

 

なので冠詞としてaを使います。

 

aとanの使い分け方も知っておこう

aとanの使い分け方

 

theの使い方に行くまえに、もうひとつ大事なことがあるので説明させてください!

 

それは、aとanの使い分け方。

 

もしaとanの使い分け方は完璧に理解できてるよ!という場合はこちらリンクをクリックするとtheの使い方までいっきに飛べます。

⇒『theの使い分け方

 

 

どんな名詞にはaがついて、どんな名詞にはanがつくの?

 

 

ポイントは、

 

名詞の発音は、母音で始まるのか、それとも子音で始まるのか?

左上を指している先生

 

名詞のつづりではなく、発音で見分けていく!

 

です。

 

名詞が母音の発音で始まる場合はanを使う

 

母音とは「あ、い、う、え、お」です。

 

母音で始まる名詞にはanをつけてあげます。

 

たとえば「apple(りんご)」の発音は、アップルなので「あ」で始まってます。

 

なので、「an apple 」となります。

 

名詞が子音の発音で始まる場合はaを使う

 

子音は、母音以外の音です。

 

「あ、い、う、え、お」の音以外で始まる名詞にはaをつけます。

 

「dog(犬)」の場合、発音はドッグで「ど」で始まってますね。

 

なので、「a dog」となります。

 

母音と子音の違いを見分けるときの2つの注意点

 

1、名詞の発音が母音から始まる限りanを使う。

 

しつこいようですが、aとanの違いを見極める時は『発音』がすべてです!『つづり』は関係ありません!

 

 

たとえば、

 

名詞の「hour(時間)」はアワーと発音します。

 

最初のつづりは “h” ですが、発音は母音で始まるのでanを当てはめます。

 

なので「an hour」となります。

 

 

もう一つ、

 

名詞の「university(大学)」はユニバーシティーと発音しますね。

 

この場合、はじめのつづりは “u” ですが発音が子音で始まるのでaを使います。

 

なので「a university」です。

 

 

2、半母音で始まる名詞にはaを使う

 

半母音とは、母音のように発音するけど母音ではないものです。

 

母音ではないので、半母音の名詞にはaをつけます。

 

たとえば名詞の「year(年)」は、小さな「ユ」の音から始まるので半母音とみなされています。

 

なのでaをつけてあげて「a year」となります。

 

以上がaとanの使い分け方です!

 

それでは続いてtheの使い方を説明していきます!

 

冠詞)theの使い分け方

theの使い分け方

 

theを使うときのルールはただ1つ!

 

theを使うときの1つのルール
  1. 名詞が共通認識できている

 

 

これだけです!

 

 

名詞が「共通認識できている」限り必ずtheを使います。

左上を指している先生

 

 

名詞が数えられるとか数えられないとか単数とか複数とかまったく関係なく、共通認識できてたらthe!

 

 

ちなみに、theを日本語にすると「その」とか「あの」が一番近い表現になります。

 

theを使った例文
  • The dog is so big!「(あの)犬めちゃめちゃ大きいよ!」
  • I broke the table.「(その)机を壊しちゃった。」
  • I need the information.「(その)情報が必要だよ。」
  • The food is delicious!「(あの)食べ物うまいよ!」

 

 

相手があなたと同じ名詞を「共通認識できている」ときは、theを使って表現しましょう。

 

 

よく学校の授業などで初めて出てくる名詞にはaを、そして2回目以上登場する名詞にはtheと習いますよね。

 

その根本的な理由としては初めて出てくる名詞は、まだ相手と「共通認識できていない」のでaを使い、2回目以上登場する名詞は、すでに相手と「共通認識できている」のでtheを使わなければいけない、というものです。 

 

 

まとめ

 

aとtheは冠詞なので、あとに付いている名詞の性質を見ながら使い分けていきます。

 

まとめると、

 

aは以下の名詞のルールを全て満たしていたら必ず使います。

  1. 名詞が数えられる
  2. 名詞が単数(1つ)
  3. 名詞が共通認識できていない

 

 

theは以下の1つのルールさえ満たしていたら必ず使います。

  1. 名詞が共通認識できている

 

 

慣れないうちは名詞を使うたびにaかtheどちらの冠詞が当てはまるのか、ゆっくり考えてみましょう。

 

 

何度も何度も使い続けていると、だんだん意識せずに使い分けられるようになっていきますよ。

 

 

Taka

Stay awesome and have an awesome day!

やってやったぜ~!

どんなに頑張っても英語が伸びないあなたへ

バイリンガルが教える

オンラインプライベート英語レッスン

あなたの英語力、伸び悩んでいませんか?

★こんな悩みを持っているあなたにオススメです★

・海外生活で英語が必要だけど上達しない
・仕事で英語が必要なのでしっかり学びたい
・英語初心者の自分に合ったレッスンを受けられるか不安
・英語学習が続かなくてすぐ挫折してしまう
・1人講師から一貫したレッスンで英語を学びたい

まずは無料体験レッスンから始めてみませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

英語の『話す・聞く・読む・書く・文法・発音』をオンラインプライベートレッスンで教えている。大好きなものは、英語、テレビ、ハンバーガー、そして猫。最近ハマった海外ドラマは「Westworld(ウェストワールド)」と「The Sopranos(ザ・ソプラノズ)」このブログで、あなたに英語の楽しさを伝えたい!

⇒詳しいプロフィールはこちら